漆塗りの食器を使う

漆塗りの食器をいただきました。
なんとなくレンジ使用不可だということは知っていましたが
どんなメリットがあるのか?お手入れ方法などについて
全然知らなかったので、少し調べてみました。

漆塗り。木製の食器の魅力

漆器で食事

熱いお味噌汁でも、木製の断熱性で安心して持つことができます。
また、漆特有の肌なじみの良い、しっとりとした手触りで、食器を持つことが
苦ではなくなるので、
食事の際の姿勢を正しくすることができると言えます。
(食器が熱くてもてないからと、机に置いて背中を丸めて食べることが少なくなる)

また、陶器に比べると約半分の軽さのため、お子様やお年寄りでも手が疲れにくいです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

丼 漆塗り 木製 どんぶり 漆器
価格:1700円(税込、送料別) (2019/8/29時点)

漆器の使い始め方・お手入れ方法

出来あがったばかりの漆器は、漆特有のにおいがするそうです。
初めて熱湯を使用した際などにも、熱によって匂いが出ることがあります。
通常の状態で完全に匂いが取れるまでは約1年かかります。
(私は匂いは気になりませんでした…)
漆器の匂いは「うるし」の主張と、喜ばれることもあるそうですが
古来より、漆器の匂い取として下記の方法がとられていたそうです。

米びつで匂い取り

米びつの中に、数日間入れておく。
または、米のとぎ汁を温めたものに、少量の食用酢を混ぜて拭く。

陰干しにする

使用までに時間がある場合は、直射日光は避けて
風通しの良い室内の日影に1週間程度おき、陰干しにする。

長くしまってあった時や、初めて使用するとき

いい漆器だと、1年にお正月やお盆だけ箱から出して、お客様用に使用する
ということもあるかもしれませんね。
そんな時には、漆器がびっくりしてしまわないように
ぬるま湯で一度湯通しをして漆器に「準備運動」をさせてあげてください。

洗い方・保管方法

漆は堅牢度(丈夫さ)が高いので、水かお湯のみで汚れが落ちます。
汚れが気になる場合には、少量の食器用洗剤を使用しても大丈夫です。
洗った後に、柔らかい布で拭いてあげることで、どんどん艶が増します

保管方法

食器棚や重ねるときは固いものより上に

漆器が苦手なこと。(禁止事項)

壊れた薄り画像・漆器修理ヒロセwebサイトより


電子レンジ・乾燥機・食洗機などの高熱器具の使用

レンジを使用して塗りが剥げたお椀のイメージを見たことがないでしょうか。

ストーブやコンロ、直射日光などの熱源
変色や変形の原因になります。

洗剤液へのつけ置き
ナイロンや金属の硬いタワシやスポンジ

漆かぶれについて

少ないながらも、漆を使用しているので、かぶれなどのアレルギー症状が出る場合があるそうです。
その場合は使用を中止し、医師に相談が必要とのこと。

漆器について調べてみて

昔のくらし漆器って、配膳の方法や洗い方、保管方法などについて、細かいルールがあるのかと思っていて
なんだか手が出しずらいと思っていましたが、
調べてみたら、大きなルールとしては食洗機と電子レンジがNGなくらいかな。
使うほどに艶が増すなんてとても楽しみですね。

以前に、好きなヘアオイルを染み込ませて使用する日本古来の「つげ櫛」の記事を書きましたが、
昔の人は丁寧に、身の回りのモノにも愛着をもって「きちんと」生活していたのだなぁと
痛感します。
忙しさにかまけて、日々を浪費しているばかりの私ですが、
食事のような毎日の些細な習慣を丁寧に生きることで、QOL(quality of life)の向上を
意識していきたいと思います。