【ファイントラックのスキンメッシュ】旅行におすすめの衣類!ドライレイヤー

国内旅行・海外旅行の時の、ジメジメとした亜熱帯気候の地域などに行く際の
汗冷えやベトベト感不快感MAXで、せっかくの楽しい旅行が台無しですね。
そんな嫌な思いは、
持参する下着に少しだけコストをかけるだけで
コスパ以上に楽しい思い出になります!

カンブリア宮殿でおすすめしていた高機能メッシュアンダーウェア

やまやま先日、テレビ番組でFine track(ファイントラック)のドライレイヤーを紹介していました。
番組の趣旨としては「登山の時の快適グッズ」としての紹介でしたが、
ファイントラックをはじめとするドライレイヤーの撥水性、速乾性は旅行の際の荷物軽減や
観光の際のアクティビティの質を高めてくれる、実は旅行にもおすすめできる製品なのです!

数年前にファイントラックを試してから、旅行時にはもちろん、現在ではもう日常的に、
仕事に行くときにも
下着はスキンメッシュ(ファイントラック)ドライナミックメッシュ(ミーレ)を使用するようになりました。

ドライレイヤーって何?

別名「0.5レイヤー」「トランスファーレイヤー」など色々あるようですが、
下着の様に肌に直接触れるように着て、汗をかいたときの不快感や汗の冷えを大幅に軽減してくれ、
行動の快適さを求めたメッシュ状のシャツを指します

【夏・冬兼用で着られる下着】エアリズムなどの他の夏用の下着などとの違い

夏場にはユニクロなどのアパレル各社から夏用の下着が発売されますが、
夏用の下着は身体の熱を逃すように作られているので、とにかく涼しい。
しかし汗戻りや
汗をかいた後の汗冷えなどの対策が弱かったり、その後の適度な保温性を保つ点は弱い製品が多いです。
乾ウェアだけだと、特に汗をかいているところが体に貼りつき、とても不快でした

タヌータヌー

各社が夏はエアリズム・冬はヒートテックなどど、夏用・冬用の下着を分けていることが
多いのが証拠ですね。

しかしながら、ファイントラックなどに代表される、メッシュを取り入れたドライレイヤーは
肌と空気の層を作って、汗をかいたらすぐに肌から水分を離すような構造になっています。
さらに、メッシュなので素早く水分を蒸発させ、高い通気性を保ちます。
なので、汗をかいた後の不快な汗冷えを予防し、
夏はサラサラな質感、冬は空気の層で温かく身体を保ってくれる、オールラウンドな下着なんです。

速乾ウエア

ドライレイヤーのメリット

旅行鞄に入れてもいい

着た時の軽さ、着心地が本当にいい

通気性がとてもよく不快を感じさせない着心地です
汗をかいている状態のときは、また若干のベタつきはしょうがないのですが、
エアコンの利いた建物や乗り物に乗ったらすぐに乾くので、
不快な状態が長引かないのが最大のメリット

困るタヌー

もうこれがないと汗かく状況は堪えられない。


夏の京都や東京観光、バリや台湾観光のお供などにも是非!
もちろん、浴衣の下着にもおすすめ!ドライレイヤー!

におわない。汗くささがわからない

登山をする人のお悩みの上位には、汗臭さに関する悩みがはいるそうです。
確かに、パーティーで列になって登る際に前の人の匂いがキツイと
ただでさえキツイ登山が地獄の合宿レベルになるでしょうね。

スキンメッシュをはじめとするドライレイヤーは肌に残留する汗を最小限に抑えるため
汗成分から発生する嫌なにおいを防ぎます。
また、製品によっては防臭・防菌加工された繊維を使用していることもあるので
その効果がさらに高いです。

アフガンアフガン

真夏に1日着たスキンメッシュを着替えるとき、その軽さと匂いの無さに驚くはず!

とにかく早く乾く

高い撥水性、速乾性を売りにしている製品ですので、観光地に行って、夜ホテルの洗面台で
下着だけ洗濯しても、2-3時間で乾きます
連泊予定でもパンツとシャツのセットを2枚ずつのドライレイヤーで持っていくと、
交換の下着には全く困りません。臭くなく、軽い最高の下着で毎日快適に過ごせます

旅行鞄に入れてもかさばらない。

男性用が多かったドライレイヤーにも近年女性用の製品が登場。
ブラパットが付いたものもあるので、ブラジャーを持っていく必要も
なく、荷物が最小限になるので、ドライレイヤーは旅行にとてもおすすめです!

女性用Skinmesh

おすすめのドライレイヤー

TVで紹介されたファイントレックの商品以外にも、ドライレイヤーは数多くあります。
その中でもタヌーとアフガンのおすすめは下記の2メーカーのドライレイヤーです。

finetrack skin meshシリーズ
ファイントラックのスキンメッシュシリーズ

ファイントラック スキンメッシュT レディース [アンダーウェア シャツ] FUW0412

ドライレイヤーはメッシュ生地のため、穴が開いていることが特徴ですが、
その穴が大きすぎると着ていて違和感があります。
スキンメッシュは気にならない質感の生地ですし、なにより日本製なので、
サイズ選びが他の海外製の製品に比べると楽です。
サイズが合わなくて胸の位置がずれたり、裾がめくれ上がるという事がありません。
女性なら胸揺れ防止のパワーメッシュがおすすめ

ファイントラック パワーメッシュ ブラタンクトップ ( ブラック ) ( レディース ) 登山 自転車 運動 アンダーウェア 吸汗 速乾

MILLET DRYNAMIC MESH シリーズ
(ミレー ドライナミックメッシュ)

ファイントラックより劣る点としたら、メッシュの目が粗いので
着ていて恥ずかしいというところでしょうか。某漫画家の…。

メッシュの先生
まぁ、上にTシャツとか着るし。。。
銭湯とか、ジムではシャツと一緒に脱いじゃえばいいし…
アミアミが大きいのと、サイズがEUサイズが基本なので、少し難しいかもしれないですが、
夏のサラサラ感と冬のぬくもり感は断トツおすすめの商品です。
女性用が少し胴が長い。。。

ミレー MILLET レディース ドライナミック メッシュ タンクトップ LD DRYNAMIC MESH TANK TOP アンダーウェア スポーツインナー 下着 ノースリーブ MIV01278

ドライレイヤーのお手入れ方法

スノボウェアや登山用のウェアでよくある、撥水加工された衣類は特にお手入れ方法が
普通の衣類とは異なりますが、ドライレイヤーも例外ではありません。

一般的にウエアの撥水性はご使用にともない徐々に低下いたしますが、ドライレイヤー®には撥水性が長く続く耐久撥水加工を施しております。
ご着用の頻度やお手入れ方法により異なりますが、JISにもとづく撥水性の耐久試験では100回の機械洗濯後も80点の撥水性を発揮する100洗80点という結果が出ております。
なおウエアの機能性を保つためには、お手入れが重要です。下記のお手入れ方法をご参考に、適切なお手入れをしていただくことで、ドライレイヤー®の機能性を長く保つことができます。
公式HPより

また、製品についている注意書きや洗濯のポイントは以下の通りです。

洗濯時は漂白剤や柔軟剤不使用の洗剤で、ネットに入れての洗濯が望ましいということ
なので、
ウチでは下着は下の洗剤で洗っています。


タヌータヌー

もしくは少量なら石鹸で洗面器で洗ってしまいます。

最期に

ファイントレックスキンメッシュ決して安くはない下着ですが、1回騙されたと思って試してみて欲しいと思います。
ジメジメと暑い夏の季節には、その素晴らしさが一層感じられる逸品となるハズ!!
ちなみに来月予定している雨季のインド旅行にはタヌーは2枚だけ持って行って
夜洗ってローテーションして使用する予定です。重宝してます!

タヌータヌー

マジでスゲー感動するってば!